ご希望の空港[飛行場]情報を無料で検索できます。

ホームメイト・リサーチTOP

ユキサキナビ
空港[飛行場]
トップページへ戻る
トップページへ戻る

空港[飛行場]情報(秋)

秋の空港[飛行場]情報



9月20日は「空の日」という記念日。この日をきっかけに、また秋の連休に旅行する際に空港を訪れた際、空港で精悍な犬を目にする機会もあります。今回は空の日が制定された由来や空港を舞台に活躍する使役犬、そのパートナーとなる税関職員にスポットを当ててみましょう。

空の日

空の日

毎年9月20日は「空(航空)の日」。日本における航空は、1952年(昭和27年)の民間航空機再開以来、半世紀の間に目覚しい発展を遂げ、現在では私たちにとって不可欠の交通機関となりました。

その民間航空再開40周年にあたる1992年(平成4年)に国土交通省によって制定されたのが「空の日」で、これは、より多くの国民に航空に対する理解と関心を高めてもらうことが目的となっています。

実は「空の日」の起源は1940年(昭和15年)に制定された「航空日」に遡り、この日は日野・徳川両陸軍大尉が代々木練兵場にて我が国で最初の動力飛行を披露した1910年(明治43年)からちょうど30周年に当たるのです。なお、9月20日から30日までの期間中は「空の旬間」と設定されており、期間中には毎年全国の空港などから1ヵ所を「スカイフェスタ会場」として大規模なイベントを行なっています。他にも各地の空港やレーダー事務所などにおいて管制塔などの空港施設を見学できたり、航空教室が開催されたりするなど、飛行機ファンには見逃せない内容が盛りだくさん。子どもがいる家庭には、秋のお出かけ先としても最適と言えます。

ちなみに空の日のキャッチフレーズは「もっと感動、空はフロンティア」で、羽が生えた地球が飛び回る姿をモチーフにした空の日のシンボルのキャラクター「くにまるくん」というキャラクターもいます。

空港で働く動物たち

9月20日から26日は動物愛護週間です。動物の中には私たちが安全に空の旅を楽しめるよう、また海外から危険な物品が日本に運び込まれないよう、空港で働く動物がいることはご存知でしょうか。

空港で働く動物と言えばその代表格は「犬」で、空港内には麻薬探知犬や検疫探知犬、銃器探知犬が活躍しています。

それぞれの犬の仕事や特徴は、

麻薬探知犬
主に税関で働き、犬の優れた嗅覚を利用して国内への麻薬持ち込み阻止を役割としている。
検疫探知犬
手荷物の中から動物検疫検査を必要とする肉製品や果物などを、嗅覚を利用して発見するのが仕事。鳥インフルエンザや口蹄疫など家畜の伝染病が日本へ侵入することを防ぐ役割を担う。
銃器探知犬
嗅覚で銃器を発見する能力を身に付けた使役犬で、日本では2009年(平成21年)より税関で活躍。

これらがよく知られた空港内の使役犬で、一般的に知能が高いジャーマン・シェパードやラブラドールレトリバー、嗅覚に優れたビーグルなどが採用されてきました。

ちなみに陽気な性格のビーグルは主に海外の空港で好まれ、日本では真面目に職務を遂行するイメージのシェパードやレトリバーが好まれる傾向にあります。

こういった犬以外にも、世界の空港には飛行機の離着陸時に安全のために周囲の鳥を追い払うハヤブサや空港のマスコットとして愛される猫、セラピー犬、さらに忘れ物お届け犬などが活躍しています。

麻薬探知犬を扱う職員

こういった空港で働く犬の中でも、最も知名度が高いのが麻薬探知犬。荷物の中から違法薬物を嗅ぎ分ける能力に長けた彼らとともに、一心同体となって働くパートナーが「ハンドラー」と呼ばれる税関職員です。麻薬探知犬には麻薬が入った貨物を引っ掻いて知らせるアグレッシブドッグと、携帯品に隠された麻薬を座って知らせるパッシブドッグの2種がおり、空港や港、国際郵便局などが活躍の場となっています。

アグレッシブドッグ、パッシブドッグともに訓練や育成は千葉県成田市にある麻薬探知犬訓練センターで行なわれ、それらに当たるのは東京税関の職員です。

つまり麻薬探知犬の訓練を担当するには国家公務員試験に合格し東京税関の職員になる必要があり、ハンドラーになると担当犬の食事や散歩、グルーミングといった日常の世話も担います。

この仕事に就くには犬が好きというだけでなく、体力と忍耐力、そして犬の小さな変化も見逃さない観察眼が要求されます。

ロード中
ロード中
ロード中

秋は長期休暇がなく、飛行機で旅行に行く機会は少ないようですが、観光スポットとして空港[飛行場]を見学するだけでも楽しむことができます。

展望デッキ

展望デッキ

近年の空港[飛行場]は、飛行機利用者だけの施設ではなく、集客や観光スポットとしてアミューズメント化しているため、空港[飛行場]には飲食店やグッズ販売店など様々なショップが集まり、休日などは多くの人で賑わいを見せています。中でもとりわけ人気が高いのが展望デッキです。飛行機の離着陸の瞬間や滑走路の様子、エプロンと呼ばれる駐機場での作業シーンが眺められ、空港[飛行場]でしか見られない光景は航空ファンだけでなく一般観光客も楽しめます。

ほとんどの空港[飛行場]では空港ビルの屋上や最上階などに展望デッキが設けてあり、滑走路全体を見渡せるようになっています。空港[飛行場]によっては望遠鏡が設置されていて、離着陸の迫力あるシーンを間近に感じながら見ることもできます。デッキには安全対策として柵が取り付けてありますが、飛行機の写真を撮影したいファンのために柵の一部が無く、そこからカメラのレンズを出すことで、柵に邪魔されずにベストショットを撮影できるよう工夫されています。

羽田空港関西国際空港福岡空港など国際線ターミナルがある空港[飛行場]では、飛行機が運航される夜間でも開放されているため、点灯された滑走路など夜の空港[飛行場]の雰囲気も楽しめます。また、羽田空港にはお茶や軽食を楽しみながら見られるカフェがあるので、ゆっくりくつろぎながら空港[飛行場]の様子を観察できます。

空港[飛行場]によっては有料となっているところもありますが、無料で開放しているところが多く、国際線ターミナルがある空港[飛行場]では飛行機の便数も多いので、見たいシーンがいつでも見られるメリットがあります。

秋の行楽では、離陸する飛行機を眺めながら旅行の雰囲気をイメージしたり、旅行気分を少し味わうには最適な場所ですので、身近な空港[飛行場]を訪れて展望デッキでそれぞれの思いを馳せてみましょう。

旅客機整備

航空会社や空港[飛行場]にとって最も重要なことは、飛行機の安全運航であるため、飛行場内ではフライトごとに点検と整備が行なわれます。旅客機が空港[飛行場]に到着して、次の出発まで、機体のコンディションを確認したり、燃料やオイルの補給を行ないます。これはライン整備と呼ばれるもので、駐機場で異常の有無をチェックするもので、ここで修理が必要な不具合が見つかると、短時間で処置を施し、次のフライトに備えます。最近の旅客機は飛行中に各システムの状態を自己診断するシステムが搭載されており、その情報を地上からでもチェックできるようになっています。修理が必要な事態が発生した場合には、地上で事前に原因を特定したり、交換部品の準備をしたりして、素早く修理ができる体制を整えます。

決められた飛行時間を飛んだ旅客機は、空港[飛行場]内にあるドックに格納してドック整備が行なわれます。ドック整備は、点検程度の簡単な整備から部品を取り外して細部を見る本格的な整備まで様々で、飛行時間、飛行回数、機種によって細かく定められていて、作業時間も8時間の機体もあれば3週間程度かかる機体もあります。

エンジンなどの装備品は、機体とは別に定期整備や定期交換が義務付けられていることから取り外されたエンジンは、専門のメンテナンスセンターに持ち込まれ、分解修理をした後に新品同様に生まれ変わって、再び機体に取り付けられます。

秋の行楽で空港[飛行場]を訪れたとき、駐機場での作業風景も観察してみてはいかがでしょう。

外国語看板

近年、日本に観光で訪れる外国人が多くなりました。特にアジアの隣国からの観光客が増加しており、空港内の案内板や看板には、当然ながら外国語での表記も多く、英語だけでなく中国語やハングル文字も併記されています。外国語の案内板や看板は、国際空港では当たり前の風景ですが、最近は地方のローカル空港でも外国語表記が多く見られ、これは日本の有名な大都市だけでなく、地方都市にも観光客が訪れて日本らしい風景や体験を楽しむようになったからです。これに伴って、空港施設だけでなく、土産物屋や商店街なども外国語看板などを掲げて、外国人旅行客を積極的に誘致しており、国際化の波は、大都市だけでなく地方都市でもどんどん押し寄せています。


秋(9月~11月)は祝日の多いシーズンで、「行楽の秋」とも呼ばれています。夏や冬のように長い休みはありませんが、祝日を利用して国内旅行や近場の海外に旅行する人も多い季節です。ここでは、秋にオススメの海外旅行先と、国内旅行先として人気の北海道の秋について紹介します。

秋の海外旅行

秋の海外旅行

秋は、ヨーロッパ、アメリカ、オセアニアなど、多くの国で観光のベストシーズンとなりますが、日本から短期間で訪れることのできるアジア諸国では、台風や雨季の時期などもあり、秋の海外旅行にぴったりな国とそうでない国があります。ここでは、秋の短い休みでも旅行が可能で、秋に観光のベストシーズンを迎えるアジアの国を紹介します。

日本から近くて時差もほとんどない韓国・中国では、雨が少なく気温もちょうど良いため、秋はベストシーズンです。日本同様、秋の紅葉を楽しむこともできます。香港・マカオも人気の観光地で、日本からも毎年多くの観光客が訪れています。

東南アジアと呼ばれる、タイ・マレーシア・ベトナム・カンボジアなどでは、秋は雨季に重なってしまうため、観光に適した時期とは言えません。また、台風も多くなる時期なので、秋に東南アジア旅行を計画する人は、事前に確認しておくと良いでしょう。なお、日本でも最近人気が高まっている、シンガポールは、あまり季節感がなく一年中ベストシーズンと言われています。

気温の高いインドでは、秋から冬にかけてが過ごしやすい時期と言えますが、国土が広いため国内でも都市によって気候の差がかなりあります。訪れる都市の気候によって、着る服や雨具を用意するようにしましょう。

秋の北海道

秋の北海道

飛行機で訪れる国内旅行先と言えば、北海道が人気です。秋の北海道は、「食欲の秋」を満たしてくれる様々な食材が溢れています。

北海道の名産として知られるじゃがいもは、9月~10月に旬を迎えます。現在、全国で消費されている約8割のじゃがいもが、北海道でつくられているのです。秋の北海道では、獲れたてのじゃがいもを楽しむことができるので、北海道産の美味しいバターと合わせた「じゃがバター」などが道内各地で提供されています。なお、じゃがいもを食べに行くのに最もオススメの地域は、十勝地方です。美味しいじゃがいもと広大なじゃがいも畑を楽しむことができるでしょう。

北海道を代表する海の幸、鮭も秋(9月~11月)が旬の魚です。「秋鮭」と呼ばれる身の部分だけでなく、卵の「いくら」も秋が最も美味しい時期となります。北海道では、様々な鮭料理があることでも知られています。「石狩鍋」は生の鮭がメインとなった味噌味の鍋で、「三平汁」は鮭・ニシンなど塩漬けの魚を入れた鍋となっています。また、鮭と野菜を味噌で焼いた「鮭のちゃんちゃん焼き」も北海道の郷土料理として知られています。

あまり知られていませんが、シシャモも北海道の名産です。全国各地でシシャモは消費されていますが、市場に出回っているシシャモは「カラフトシシャモ」というもので、元々シシャモの代用品として流通したものです。本物のシシャモは、10月~11月に北海道の太平洋沿岸でしか獲れない貴重な魚です。本物のシシャモを食べてみたい人は、この時期に北海道を訪れて、普段食べているシシャモと比べてみるのも面白いでしょう。

また、そばの生産量でも北海道は全国一位となっています。そばは北海道の東にある新得町で多く生産されており、9月~10月に収穫の時期を迎えます。国内自給率の低いそばですが、国内産の新しいそばを食べてみたいという人は、北海道を訪れてみてはいかがでしょう。