ご希望の空港[飛行機]情報を無料で検索できます。

施設リサーチ/ホームメイト・リサーチTOP

ユキサキナビ
空港[飛行機]
トップページへ戻る
トップページへ戻る

空港情報

着陸の誘導



夜間や悪天候などによって視界が良くない場合に、航空機はどうやって着陸するのでしょうか。その際の誘導方法とは、どのようなものなのでしょう。

着陸誘導方法とは

着陸誘導方法とは

夜間や、濃霧などの悪天候によって、パイロットの視界が確保できないことがあります。そんな状況時に、航空機が安全に着陸するために用いられる誘導には、いくつかの方法があるので、それを紹介します。

まず、航空機を地上のレーダーで探知して、管制官が音声によって誘導し、着陸させる地上誘導着陸方式(GCA)があります。これは、PARという精密進入レーダーとASRという空港監視レーダーを使い、航空機の滑走路への進入から着地までを監視。それをグランドコントロールの管制官が、無線電話を通してパイロットに直接音声で指示を出して誘導する方法です。

次に、あらかじめ航空機に計器着陸装置(ILS)を搭載しておき、着陸を始めたときに、地上にある無線誘導施設から指向性電波を送って、滑走路への進入経路を指示する方法があります。ILSは3つの装置で構成され、滑走路の中心線を示すローカライザーや適切な進入角度を示すグライドパス、そして進入路の一定の位置から電波を放って滑走路までの距離情報を知らせるマーカーという3種類の電波を使います。航空機をその3つの電波の中心に位置させたまま降下することによって、目標のポイントまで正確に導いてもらえる計器飛行です。そのほかに、マイクロ波着陸装置(MLS)による誘導方法があります。これは、マイクロ波を使って航空機を進入から着陸まで誘導するもので、地上の無線施設からの信号を航空機側が受信して安全な着陸へと導かれます。

現在、日本ではほとんどの民間機がILSを搭載して飛行しており、ILSを搭載することができない軍用機などがGCAによる着陸誘導を受けるのが一般的です。また、MLSは日本ではあまり普及していません。

新しい着陸誘導システムとは

最近では、計器着陸装置(ILS)に代わるGPS衛星を利用した次世代着陸誘導システムとして、「地上型衛星航法補助システムGround Based Augmentation System(GBAS)」の研究が進められています。

誘導精度がとても高いこのシステムが導入されると、直線的な進入だけでなく、曲線を使った運航が可能となるため、飛行経路の設定幅が飛躍的に高まります。騒音問題や環境保全問題の解決にもつながることも期待されています。また、自動着陸をも可能にする精密進入や、着陸の間隔を短縮できるなど、空港処理能力を向上させる意味においても世界的に注目が集まっています。