ご希望の空港[飛行機]情報を無料で検索できます。

施設リサーチ/ホームメイト・リサーチTOP

ユキサキナビ
空港[飛行機]
トップページへ戻る
トップページへ戻る

空港情報

到着機へ指示を出す



着陸する滑走路に向けて次々に集まってくる航空機を誘導する管制官は、どのような指示を出し、どのように誘導するのでしょう。

管制官による到着機の誘導

管制官による到着機の誘導

空港のターミナルレーダー管制の誘導によって、着陸する航空機が一定の間隔で順序よく並ぶと、先頭のパイロットからは、管制に対して、最終の着陸コースへ近づいたことを知らせる無線が入ります。管制から許可が出ればそのまま進入します。管制はターミナルレーダー管制から、同じく空港の管制塔にある、飛行場管制業務を担当する管制官へ移管されます。

パイロットからは、進入コース上のどの辺りを飛行中かの連絡が入りますから、それに対して管制官は、例えば機上の装置から問い合わせ信号を送ると標識からの距離がわかる「DME無線標識」から何マイル地点かなど、最終の通報地点を具体的に指示して、パイロットからの通過報告通信を待ちます。

この最終通報地点への到着を知らせる無線がパイロットから入ると、空港の飛行場管制(タワーコントロール)では、先に着陸態勢に入っている航空機の有無や滑走路の状態を目視によって確認し、管制からの許可を待つ航空機に対して、順次着陸許可を出していくことになります。

着陸許可が出た航空機は、そのまま滑走路へ進入し、着陸します。ほかの着陸機が滑走路上にいる場合には着陸許可が出ない場合もあり、その場合は進入継続の指示が出されます。

着陸後の誘導

滑走路上の着陸機の減速を確認して、滑走路を抜けて駐機場までの誘導路が指示され、地上管制(グランドコントロール)へと引き継がれます。グランドコントロールからは、航空機が滑走路を離脱して駐機場まで行くのに、どの誘導路を通って進むか、タキシング(地上走行)経路の指示が出されます。

この指示を受けたパイロットは、すばやく航空機を滑走路から抜け出させ、次の着陸を待つ航空機に滑走路を明け渡します。そして指示された誘導を指示された番号順に通過し、指定の駐機場まで走行します。

もしも一度で着陸できなかったら

一定の高さまで降下して着陸態勢に入った航空機が、視界不良や滑走路上の障害物の発見など何か突発的な問題によって、パイロット、または管制官が安全に滑走路へ着陸できそうにないと判断した場合には、一度着陸をあきらめて上昇したのちに、再び着陸を行なうことがあります。これを着陸復行(go around)といいます。その際には必要に応じて、飛行場管制(タワーコントロール)またはターミナルレーダー管制が再度、着陸の指示を出して誘導することになります。