ご希望の空港[飛行機]情報を無料で検索できます。

施設リサーチ/ホームメイト・リサーチTOP

ユキサキナビ
空港[飛行機]
トップページへ戻る
トップページへ戻る

空港情報

出発機のデータ受信と確認



出発予定機のフライト情報は、どこが受け付けて、そこでどのように確認されているのでしょう。そのしくみを解説します。

航空会社が提出するATCフライトプランとは

航空会社が提出するATCフライトプランとは

旅客機が空を飛ぶには、まず管制から飛行の許可を得なければなりません。そのためには、管制が必要とする情報を記載したATCフライトプランを提出して、承認される必要があります。

まず、航空会社のディスパッチャーが作成するカンパニーフライトプランには、その飛行に関するあらゆる情報が細かく記載され、社内用の打ち合わせやフライトに関わるスタッフが共有しておくべき情報源として活用されています。

一方、ATCフライトプランは、飛行許可を得るための必要事項のみが記載されます。その内容は、航空機の国籍記号、登録記号、及び無線呼出符号、航空機の型式、機長の氏名、飛行方式、出発地と移動開始時刻、巡航高度と航路、離陸から着陸地上空までの所要時間、巡航高度での巡航速度、使用する無線設備、代替飛行場・空港、燃料搭載量、搭乗人数などです。

このフライトプランの提出先を説明するために、まず日本の空域の管制部について説明しましょう。

日本の管制区管制業務とは

日本が管轄する空域をカバーする管制部は、全国に4ヵ所、札幌、東京、福岡、那覇にある「管制部管制所(国土交通省の組織としては航空交通管制部と呼ばれます)Area Control Center(ACC)」です。業務は、主に航空路を飛行する航空機を管制しています。レーダーで航空機同士の間隔を一定に保ちながら、必要に応じて高度変更の許可を出したりします。

また、航空交通量の調整や洋上の管制を行なうのは、「航空交通管理センター(ATMC)」です。日本全国の航空交通の適正な流れを監視し、調節するほか、太平洋や日本海など洋上専門の管制区管制業務を行ない、関連機関や航空会社と連絡を取り合いながら調整しています。

アメリカやヨーロッパには、この2つの業務を行なう機関が存在し、アメリカではARTCC、ユーロ圏ではANSPと呼ばれています。例えば日本の羽田空港から米国に行く場合には、羽田空港の管制塔からACCに移管され、その後ATMC、そしてARTCCの管制に引き継がれます。

出発機のデータを受け付けて確認する

航空会社が提出するATCフライトプランの管制承認は、この2つの機関によって行なわれています。ACCは、担当する区域内の気象条件や航空路の状況を考慮して管制承認を出すのに対して、ATMCは日本全国にある管制区の航空路、進入管制区、管制圏などの航空交通量を把握しており、各ACCよりも広範囲におよぶ状況から判断して管制承認を行なっています。