ご希望の空港[飛行機]情報を無料で検索できます。

施設リサーチ/ホームメイト・リサーチTOP

ユキサキナビ
空港[飛行機]
トップページへ戻る
トップページへ戻る

空港情報

空港への配属



航空保安大学校での研修が終わると、国家公務員として配属先が決められます。その中のひとつ、空港に配属された管制官はどうやって一人前になるのでしょう。

空港へ配属された航空管制官の資格試験制度

空港へ配属された航空管制官の資格試験制度

何度となく繰り返される航空機の離着陸を安全に誘導する、大切な役割を担う航空管制官。航空保安大学校で1年の研修を終えると、全国にある空港や、国内4ヵ所にある札幌・東京・福岡・那覇の航空交通管制部に配属されることになりますが、ここでは空港に配属された管制官についてご紹介します。

空港に配属されると、まずは現場で半年以上にわたる訓練を受けて、航空管制官として独り立ちすることになります。そのために必要になるのが、配属先で取得する技能証明です。

技能証明とは、空港、または管制部に配属されるたび、管制官が取得しなければならない資格証明のことです。空港では飛行場管制とターミナルレーダー管制の2種類の業務があり、どちらに配属されてもそれぞれ必要な資格試験を受けて、技能証明を取得することになります。

空港にある2種類の管制

空港にある2種類の管制

空港に配属になった管制官の職場は2ヵ所。空港で一番目立つ高い所、管制塔の最上階にあるコントロールタワーか、レーダー管制室のどちらかで業務にあたります。

全面ガラス張りで、空港全体が見渡せるようになっているコントロールタワーでは、主に目視によって航空機の離着陸を安全に誘導します。また、レーダー管制室では、レーダー機器を駆使してできるだけ短い距離で、かつ安全なルートを通って離着陸できるように導きます。

まず、コントロールタワーで行なわれる飛行場管制では、知識を吸収するための座学と、現場により近い形で実際に役立つ技能を身に付ける企業内訓練、OJT(On the Job Training)との2本立てで専門研修が行なわれます。

飛行場管制における座学

飛行場管制における座学

以下のような研修があります。

  • 空港等の概要
  • 航空交通管制圏
  • 航空交通特性
  • 航空保安施設 など

飛行場管制におけるOJT

飛行場管制におけるOJT

以下のような研修があります。

  • 飛行場管制方式
  • 飛行場管制業務用の機器の操作
  • 関係機関との調整 など

国土交通省 資料「管制官の業務実態等」より抜粋)

これらの専門研修によって、飛行場管制技能試験を受験し、技能証明を取得します。

一方、レーダー管制室のターミナルレーダー管制ですが、こちらも同じように、知識を吸収する座学と、現場で役立つ技能を身に付けるOJTによる専門研修があります。

ターミナルレーダー管制における座学

ターミナルレーダー管制における座学

以下のような研修があります。

  • 管制空域の範囲
  • 航空交通特性
  • レーダー機器
  • 航空路の概要 など

ターミナルレーダー管制におけるOJT

ターミナルレーダー管制におけるOJT

以下のような研修があります。

  • レーダー管制方式
  • レーダー管制業務用の機器の操作
  • 関係機関との調整 など 

(国土交通省 資料「管制官の業務実態等」より抜粋)

これらの専門研修を経て、ターミナルレーダー管制技能試験を受け、技能証明を取得します。

航空管制官は業務ごと、空港ごとに細分化された資格取得が必要です。すべての技能証明取得までかかる期間は空港により違っていて、6ヵ月から3年半程度と幅があります。