ご希望の空港[飛行機]情報を無料で検索できます。

施設リサーチ/ホームメイト・リサーチTOP

ユキサキナビ
空港[飛行機]
トップページへ戻る
トップページへ戻る

空港情報

パイロットとの交信はすべて英語



航空管制官とパイロットとの間で使われている言語はすべて英語です。英語が採用されているのは、なぜでしょう。

管制官とパイロットの交信

管制官とパイロットの交信

複数の航空機が離着陸を繰り返す空港。国際線が就航する都市部の大規模空港では、その数は一日に1,000便以上に上ります。その中で、航空機が順番に効率よく、安全に離着陸ができるようにするためには、ある一定の秩序が必要になります。つまり、空港の管制官とパイロットとが無線によって通信し、管制官の指示に従う形で、空港の秩序を守って、離着陸を行なっています。

そのとき使われている言語は、基本的に英語です。相手が外国人であっても日本人であっても、管制官は英語しか使いません。もしも、管制官が自由に自国の言葉を使って指示を出していたら、別の国からやって来たパイロットときちんとコミュニケーションを取ることができないからです。

しかも、管制とパイロットとのやり取りは、他の航空機のパイロットの耳にも届いています。近くにいる機体がもしも乱気流に巻き込まれたと管制に報告したら、近辺にいるそれを聞いたほかのパイロットも警戒することができます。つまり、管制官とパイロットとのやり取りは、1対1で行なわれながらも、周辺にいるパイロットも含めて情報共有にたいへん役立っているのです。

そのためにICAO(国際民間航空機関)によって、英語、または母国語で交信することが決められています。実際に使われている言語は英語が中心ですが、緊急時には、パイロットの負担を軽減し、適確に状況を伝えるために「これ以降は日本語で通信します」と前置きして日本語でやり取りすることもあります。

航空管制官に求められる英語とは

航空管制官に求められる英語とは

日常的に英語を使う仕事ではあるものの、実際は管制官が業務上で使う英語というのは単語も含めてかなり限定されています。しかも、管制からの指示などパイロットとの通信は、航空無線を使うため、ほかの交信にも配慮して、なるべく占有時間を短時間に切り上げなくてはいけません。

そこで、航空管制用語は主に単語を並べて、要点だけを伝えるようになっています。適確な内容を短い単語に置き換えて相手に伝えるには訓練と慣れが必要ですが、英語が話せるにこしたことはありません。

また、航空管制官はICAOの規定によって、3年に1度、航空英語試験の受験を義務づけられています。この試験によって航空英語能力が6段階で評価され、レベル4以上の能力がないと次の日から航空管制の仕事に就くことができなくなります。ですから、一定レベル以上の英語力をキープし続ける努力を怠ってはいけないのです。