ご希望の空港[飛行機]情報を無料で検索できます。

施設リサーチ/ホームメイト・リサーチTOP

ユキサキナビ
空港[飛行機]
トップページへ戻る
トップページへ戻る

空港情報

フライトプランの提出



航空会社の運航管理者(ディスパッチャー)が作成するフライトプランは、どこに提出され、どのように活かされているのでしょう。

航空会社のディスパッチャーが作るフライトプラン

航空会社のディスパッチャーが作るフライトプラン

航空会社のディスパッチャーが果たす最も重要な役割のひとつに、航空機を安全に目的地まで運航させるためのフライトプラン(カンパニーフライトプラン)の作成があります。これは、機体の性能や状態を把握した上で、予測できるあらゆる可能性を吟味しながら作成される飛行計画書です。例えば、目的地までの航路上の気象予報、受け入れ先の空港の状況把握、万が一に備えた代替え空港の手配など、ディスパッチャーがもっているあらゆる知識を駆使して情報をまとめ、その上で最も安全で、効率の良い飛行ルートを選択して作成されていきます。

フライトプランを提出する

出来上がったフライトプランは、機長とのブリーフィング(打ち合わせ)で使われるため、まず機長に提出されます。その際にはなぜこのルートを選んだのか、また選んだ高度や予想される機体の揺れや注意点などを細かくキャプテンに説明する必要があります。その上で機長からの意見などを採り入れながらさまざまな角度で検討し、変更を加えたのちに機長の承認を得て、最終的なフライトプランとして成立します。そして、航空会社から管制部のコンピュータへ提出されます。

また、このカンパニーフライトプランは、編集し直されてATCフライトプラン(ATCはAir traffic controlの略で、航空交通管制のこと)として、航空交通管制に提出されます。

航空法では、航空機がある一定の距離以上のフライトを行なう際には、あらかじめフライトプラン(飛行計画書)を管制機関に提出することを義務づけています。このフライトプランの提出を「ファイル」といいます。

フライトプランを提出しておくことで、航空管制機関が各航空機の運航経路をある程度把握できるようになるのですが、これは、基本的には航空機同士の空中衝突を避ける目的と、万が一緊急事態が発生した場合には対象となる航空機を迅速に探し出せるようにする目的があります。

ATCフライトプラン記載事項

ATCフライトプランに記載される項目は以下の通りです。

  • 航空機の国籍記号、登録記号及び無線呼出符号
  • 航空機の型式
  • 機長の氏名
  • 計器飛行方式又は有視界飛行方式
  • 出発地及び移動開始時刻
  • 巡航高度及び航路
  • 離陸から着陸地上空に至るまでの所要時間
  • 巡航高度での真対気速度(巡航速度)
  • 使用する無線設備
  • 代替飛行場・空港
  • 持続時間で示した燃料搭載量
  • 搭乗人数
 

国土交通省「飛行計画記入・通報要領」より抜粋)

このように、1回のフライトを行なうたびに、さまざまなチェック機能を設けていることがわかります。フライトプランを複数の目で確認すれば、手間も時間もかかりますが、空の安全を守るためには欠かせない作業なのです。