ご希望の空港[飛行機]情報を無料で検索できます。

施設リサーチ/ホームメイト・リサーチTOP

ユキサキナビ
空港[飛行機]
トップページへ戻る
トップページへ戻る

空港情報

運航管理者の役割



ここでは運航管理者の役割について紹介します。

運航管理者の仕事とは

運航管理者の仕事とは

運航管理者とは、さまざまな条件を踏まえて航空機の最も安全な飛行ルートを探し出し、離陸後も目的地到着まで、地上から安全な運航の援助を行なうエキスパートです。

求められる知識は多岐にわたりますが、これは、運航に影響する可能性のあるあらゆる情報に精通しなければ、航空機を目的地まで安全に運航させることができないためです。

仕事の中で最重要なことに、飛行計画(フライトプラン)の作成があります。フライトプランとは、予測し得る目的地までの気象や、機体の特徴と状態の把握、受け入れ先の空港の状況把握、万が一に備えた代替え空港の手配など、あらゆる情報をまとめたうえで、最も安全で、かつ最も効率の良い飛行ルートや巡航高度、運航に必要な燃料はどのくらいかなどを細かく記した計画書のことです。

フライトプランが出来上がったら、この計画書を元に、機長(キャプテン)と打ち合わせ(ブリーフィング)を行ないます。その際に選んだ飛行ルートや高度、予測される機体の揺れや注意点などを細かくキャプテンへ説明する必要があり、その上でさまざまな角度からの検討がなされて最終的な航路決定へと結びつきます。

搭載物を配置するロードコントロール

搭載物を配置するロードコントロール

また、ロードコントロールと呼ばれる搭載プランの作成も、運航管理者の仕事です。これも航空機の安全な運航には欠かせないもので、機体の重心がずれたり、重量の規定オーバーが起こらないように、乗客の人数や手荷物、航空機の床下に搭載する貨物などの搭載量を把握し、搭載物を配置していきます。搭載位置が限定される危険物やペットなどもあり、細かい規定を踏まえた配置が求められるのです。

もしも重心がずれたり、搭載量が規定を超えると、機体の性能を活かし切れないばかりか事故にもつながります。計算上で算出されていた飛行距離を飛べずに、燃料不足を起こす危険にさらされるのです。

乗客の搭乗手続きが終了した時点で、搭載物すべての重量や重心位置を計算し、この計算結果をコックピットにいる機長がきちんと確認した上で、ようやく離陸の準備が整っていきます。

求められるのは総合的な安全管理能力

求められるのは総合的な安全管理能力

また、離陸後も、運航中に刻々と変化する気象に対応して、随時航空機の安全に気を配るのも運航管理者です。無線を通して、気象や空港の最新情報をパイロットに伝えるなど、安全な運航を地上からサポートします。また、急な病人や怪我人が出た場合には着陸後の救急医療対応を手配するなど、責任の重い業務を担当しています。