ご希望の空港[飛行機]情報を無料で検索できます。

施設リサーチ/ホームメイト・リサーチTOP

ユキサキナビ
空港[飛行機]
トップページへ戻る
トップページへ戻る

空港情報

貨物にかかわる特殊車両



航空機には旅客のほかに、その手荷物をはじめとするたくさんの貨物が一緒に積み込まれています。その貨物を効率的に処理する特殊車両にはどんなものがあるでしょう。

貨物の積み降ろしに関わる車両

貨物の積み降ろしに関わる車両

一般的に旅客機の後部には貨物室があり、航空機が着陸すると、そこに積み込まれていた荷物や、貨物が入った箱状のコンテナや台座状のパレットを降ろす作業が特殊車両を使って行なわれます。まず、コンテナやパレットの運搬には、荷台が前後や上下に可動する「ハイリフトローダー」が重宝します。別名「カーゴローダー」とも呼ばれ、貨物室の高さまでリフトを自由に移動させられるので、大きくて重量のある貨物の運び出しに便利です。

また、動力コンベアーを装備した「ベルトローダー」は、旅客機の後方にある、ばら積み専用のバルク室という貨物室から、乗客が預けた手荷物や貨物を降ろすために活躍する車両です。旅客機の貨物室のドアの高さに合わせてコンベアーの高さを調整できて、作業スタッフが手作業でベルトコンベアーに荷物を載せて降ろします。

そして、機外へ運び出した貨物が載ったパレットや、貨物が収納されたコンテナなどを、ドーリーという台車に載せます。そのドーリーをいくつも連ねて牽引する力持ちトラクターが、航空機が出発する際に機体を牽引して手助けする「トーイングトラクター」です。ドーリーに載せられた貨物が連なって走るその姿は、空港で働く車を象徴するものとして、人気があります。

貨物を機内へ運び込む車

到着した航空機から貨物を降ろしたら、今度は次のフライトに向けて貨物を積み込む作業が待っています。基本的に、コンテナやパレットに収納した貨物や、ばら積みの手荷物やペットなどの預かり物の搭載位置は、航空会社のスタッフによって、機体全体の重さのバランスを考えた上であらかじめ決められています。

貨物を搭載するときも、降ろすときと同じように「ハイリフトローダー」を使って、コンテナやパレットごと貨物室の高さまで持ち上げ、そのあと下部に取り付けられたローラーを上手く使って貨物室の中まで送り込むしくみになっています。ちなみに貨物室の内部にもローラーがあって、貨物の出し入れがとても効率的に行なえます。

また、ばら積みの荷物やペットなどの預かり物は、温度調整が可能なバルク貨物室に搭載されます。このときはやはり降ろすときと同様、動力コンベアーを備えたベルトローダーを使います。まず、コンベアーをバルク室のドアに合わせて固定し、荷物を一つひとつ作業スタッフが手作業でベルトに載せ、手早くかつ荷物の安全を守りながら搭載していくのです。