ご希望の空港[飛行機]情報を無料で検索できます。

施設リサーチ/ホームメイト・リサーチTOP

ユキサキナビ
空港[飛行機]
トップページへ戻る
トップページへ戻る

空港情報

空港で活躍する麻薬探知犬の役割



麻薬類の密輸入を防止するために導入された麻薬探知犬。日本の空港で、どのような役割を果たしているのか紹介します。

どこでどんな働きをしているの

どこでどんな働きをしているの

麻薬探知犬とは、人の100万倍といわれる優れた嗅覚と、獲物を獲得して独占しようとする習性を利用して、ごくわずかな臭いを嗅ぎ分けて、麻薬を見つけ出すように訓練された犬のことです。大きく分けて2種類の役割があり、到着ターミナルなどで旅行者が身につけている麻薬を探知し、その場に座って知らせるパッシブドッグと、貨物や郵便物の中に麻薬を探知して、それを引っ掻いてハンドラーに知らせるアグレッシブドッグがいます。

通常、麻薬探知犬はその訓練士(ハンドラー)とペアになって行動し、空港や港、国際郵便局などで麻薬を見つけ出し、国内への流入を防ぐ仕事をしています。

空港や港にある、入国検査場や税関検査場、外国からの輸入品のうち関税を保留したまま品物が保管された保税地域、ベルトコンベアで便ごとに荷物を仕分けるソーティング場、外国からの郵便が集まる国際郵便局などで、麻薬類をかぎ分けてハンドラーに知らせているのです。

訓練には本物の麻薬を使うことになるため、麻薬探知犬の育成・訓練施設は全国でも「東京税関麻薬探知犬訓練センター」の1ヵ所だけです。また、麻薬探知犬の訓練と育成を行なうのは麻薬探知犬訓練士(ハンドラー)で、財務省管轄の東京税務署の職員であり、国家公務員です。

どんな犬が麻薬探知犬になるの

麻薬探知犬になるのは、犬種からいうと、人懐っこいラブラドールレトリバーや知的で忠誠心が強いジャーマン・シェパードなどが挙げられます。

性格的には、動くものに対して興味を示すこと、物を投げるとくわえて持ってくること、集中力があって、物に対する執着心や独占欲が強く、どんな場所でも臆せず人見知りをしないことなどが挙げられます。

麻薬探知犬は麻薬中毒になっているのでは、と誤解をしている人も多いようですが、臭いは覚えても中毒にはなりませんので安心してください。

訓練の過程で、ダミーといわれる堅く筒状に巻いたタオルを見つけた犬をハンドラーがほめて、とにかくほめて、その都度一緒に思いっ切り遊ぶことを繰り返します。そのダミーと麻薬の臭いを関連づけて、麻薬を見つけるとほめてもらえる、遊んでもらえる、と意識付けすることで、麻薬の臭いを探すようになる、というしくみです。

麻薬探知犬として活躍するのは1才から8才までで、人間にたとえると50歳くらいで引退となります。引退後はボランティアなどにペットとしてもらわれていくか、訓練所の引退犬用の施設で余生を送ります。