ご希望の空港[飛行機]情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト空港[飛行機]リサーチ

空港情報

外国の航空会社で活躍



外国の航空会社で客室乗務員(CA)として働くことは、国内の航空会社で働くことと何が違うのでしょう。外国の航空会社で活躍するためにはどうすればいいでしょう。

外国の航空会社と国内の航空会社の違い

外国の航空会社と国内の航空会社の違い

一般的に日本のCAは身のこなしやマナーまで徹底的に訓練されますが、欧米ではいざというときの保安要員としての訓練に重点を置いています。

現在、日本の航空会社では、まず国内線で経験を積み、必要があれば国際線へ配属されるケースがほとんどです。もしも、明確に国際線のCAを希望するなら、外国の航空会社に就職するというのもひとつの方法です。

また、外国の航空会社では自社でCAを育て上げるよりは、ほかの航空会社でCAとして働いてきた実績を認め、即戦力となる人材を採用する傾向にあります。特に日本の航空会社で採用されて訓練を受け、CAとして働いてきた実績を持つ人は、接客のプロフェッショナルとして世界的にも認められていて、外国の航空会社への転職がとても有利な一面もあります。

外国の航空会社でCAとして働く場合には、基本的に本社のある外国が活動の拠点になります。海外をベースに、仕事で時々日本を訪れてショートステイする、というパターンです。

また雇用形態も、日本の航空会社では最初の3年間だけ契約社員、というのではなく、ずっと契約社員が当たり前です。収入も日本円ベースか現地通貨ベースかで大きく異なりますので、詳細は各航空会社に直接問い合わせてください。

外国の航空会社でCAになるには

外国の航空会社は基本的に採用が不定期です。例えば路線拡大でCAの増員が必要になったり、欠員が出た場合に採用を行ないます。ですから、ときには大量に採用することもあれば、まったく採用しないこともあるのです。そのため、まめに採用情報をチェックする必要があります。

採用情報を見つけたら、まずは書類審査になります。外国の航空会社のほうが日本の航空会社よりもさらに書類審査が重要視される傾向にあり、書類審査の段階で志願者は最低でも2分の1にふるい落とされますから、書類審査でどれだけ自分の個性をアピールできるかが、次のステップへ進むためにとても重要です。

語学については、英語圏ならばかなりハイレベルの英語力が必須条件ですから、日頃からブラッシュアップしておかなければなりません。また、フランス語圏やドイツ語圏などの場合は各国の母国語が日常会話程度に話せることが必要です。

さらに、アメリカの航空会社でCAとして現地採用されるためには永住権(グリーンカード)が必要になるなど、各国の航空会社の採用基準についてはまちまちです。