ご希望の空港[飛行機]情報を無料で検索できます。

施設リサーチ/ホームメイト・リサーチTOP

ユキサキナビ
空港[飛行機]
トップページへ戻る
トップページへ戻る

空港情報

空港の地上スタッフ「ディスパッチャー」



航空機の運航に関する情報収集の専門家「ディスパッチャー」旅客が何かフライトについて質問したら、その答えは「ディスパッチャー」が情報源となっています。「ディスパッチャー」は、どんな仕事をしているのでしょうか。

ディスパッチャーの仕事とは

ディスパッチャーの仕事とは

鉄道の世界を例に挙げるなら、時刻表や電車の乗り継ぎ、所要時間、車両の特徴など、すべての情報を把握し、乗客の質問に何でも答えられる人、それが航空の世界でのディスパッチャーです。

ディスパッチャーの重要な仕事は、大きく2つあります。1つは安全かつ効率の良い運航ができるように、カンパニーフライトプラン(飛行計画書)を立てることです。

この飛行計画書は、ディスパッチャーの持つさまざまな知識を駆使して作成されますが、そのフライトごとに入手する最新の情報は、以下の通りです。

気象情報
出発地から目的地まで、運航路線上における最新の気象予報です。
NOTAM(Notice to airmen)
ノータム。世界各国の政府が発行する、航空機の乗務員に向けて発信される、航空機を運航するための情報です。予定している空港の諸施設の利用状況や運航上の障害情報などをサイトから入手できます。
機体の特徴や状態の把握
機種の性能や、整備状況などの情報です。

上記の情報をまとめて、その日のフライトに最適な、最も安全で効率の良い飛行ルート、巡航高度、運航に必要な燃料などについて、細かく記した計画書を作成します。

この計画書は、そのあと機長とのブリーフィング(打ち合わせ)で使用。そのルートを選んだ理由や、予想される機体の揺れなどの注意点を細かく説明しながら、機長とさまざまな角度から再検討が行なわれます。そして機長からの承認を受けて、フライトプランが成立します。

もう1つの大切な仕事が、ロードコントロールです。これは、航空機に搭載予定の貨物などをバランス良く配置する搭載プランを作成することです。乗客の人数、手荷物、床下に入れる貨物などの重さを把握し、航空機の重心がずれないように、また重量の規定オーバーを起こさないように配置していきます。ペットや危険物があれば、細かい規定をクリアした配置を考えます。

ディスパッチャーの情報が頼り

ディスパッチャーは、そのフライトに関わるすべての情報を把握しているスペシャリストです。旅客がもし、チェックインカウンターでその日の飛行時間をグランドホステスに尋ねたとしたら、その答えは、ディスパッチャーの情報が頼りです。

もし機長にそのフライトについて何かを質問したとしたら、その答えもディスパッチャーが作成したフライトプランを元に返されることになるでしょう。

ディスパッチャーは、直接旅客と接するチャンスはないものの、旅客から質問があれば何でも答えられるよう、そのフライトに関わるすべての情報を束ねる、縁の下の力持ちなのです。