ご希望の空港[飛行機]情報を無料で検索できます。

施設リサーチ/ホームメイト・リサーチTOP

ユキサキナビ
空港[飛行機]
トップページへ戻る
トップページへ戻る

空港情報

空港の地上スタッフ「メカニック」



たくさんの人を乗せて大空を移動する航空機にとって、なくてはならない点検・整備の作業。安全な運航を陰で支えるメカニックはどんな仕事をしているのでしょう。

メカニックの仕事とは

メカニックの仕事とは

航空機を点検・整備して、航空機の安全を守る航空整備士の仕事は、航空機の運航に欠かせかせない大切なものです。航空機が着陸し、駐機場の定位置で停まると、国内線で約1時間、国際線で約2時間ある次のフライトまでの間に、貨物の積み降ろしや給油などさまざまな地上からの支援作業を受けて備えます。その間に飛行前点検も行なわれています。

また、それ以外にも、本格的な点検・整備があり、そのレベルやタイミングは、飛行回数や飛行時間、飛行日数に応じて決められます。

まず、一定の飛行時間を終えた段階で、飛行前点検よりももう少し本格的な整備を行ないます。外観からの点検をはじめ、オイル類の交換や補充、傷みやすい部品の交換、各パーツの掃除、消耗品のタイヤやブレーキ部分のチェック、エンジンの調整までを、運航の合間を縫って、複数のメカニックが一斉に作業します。

そして、およそ1年ごとの整備は、1週間以上の時間をかける本格的なもので、機体の構造までチェックし、エンジン周りを中心にした点検作業を行ないます。

さらに、4~5年に一度の整備では、3~4週間から長いものでは約2ヵ月という時間をかける念入りなもので、機体の構造検査や、電気系統の整備、機能検査を行ない、その改善を図ります。

航空機の点検・整備にはさまざまな知識や技術が要求され、各機体を扱うために必要な資格も異なります。また、機体の一部に亀裂がないかを確認する作業ひとつをとっても、目で確認する以外に、超音波を使ったり、X線を使ったりとさまざまな方法があります。その一つひとつに用いる機械やテクニックが異なり、なおかつその機械を扱うためにいくつもの資格が必要になります。そのため、点検・整備の担当は細かく分業されています。

必要な資格とは

航空機は外観から見た大きさや形だけでなく、エンジン構造などによる性能の違いまでさまざまな種類があります。そのため、各航空整備業務には航空機の大きさ(重量)や整備の業務範囲によって、各種の整備士ライセンスが必要となります。

対象機体と業務範囲別、必要な整備士資格

対象機体と業務範囲別に必要な整備士資格は以下の通りです。

大型機

  • 整備全般……一等航空整備士の資格
  • 運航に関わる軽微な整備……一等航空運航整備士の資格

中小型機

  • 整備全般……二等航空整備士の資格
  • 運航に関わる軽微な整備……二等航空運航整備士の資格

上記の資格を取得するためには、基本的にはまず航空会社に所属して学科試験に合格し、その上で一等航空整備士は4年、二等航空整備士は3年、二等航空運航整備士は2年以上の航空機整備の実務経験が必要になります。その期間を経て、はじめて実地試験の受験資格が手に入り、これに合格してようやく資格を得ることができるという難関です。