ご希望の空港[飛行機]情報を無料で検索できます。

施設リサーチ/ホームメイト・リサーチTOP

ユキサキナビ
空港[飛行機]
トップページへ戻る
トップページへ戻る

空港情報

空港の地上スタッフ「マーシャラー」



地上に降り立った航空機が、指定された駐機位置にたどり着くために活躍する、マーシャラーの仕事について紹介します。

なぜマーシャラーが必要なのか

なぜマーシャラーが必要なのか

飛行機のコックピットは地上からかなり高い位置にあるため、パイロットから地上を見ると広い死角が存在します。また、巨大な航空機ですから、両翼端の位置などをパイロットが正確に把握することはベテランになっても相当に困難なことなのです。しかも、駐機後は乗客が乗り降りするためにボーディングブリッジを接続することになりますから、着陸後は規定の位置にほぼ正確に停止しなければなりません。

そこで、航空機と停止位置を地上から確認し、直進や旋回、徐行や停止などの信号を送りながら航空機を誘導するマーシャリングという仕事がとても重要になります。その作業を行なう人がマーシャラーと呼ばれる誘導員です。

マーシャラーの仕事とは

最近は駐機位置指示灯などを使う空港もありますが、基本的には人によって航空機を誘導するマーシャリングがメインです。電池が内蔵された黄色い発光棒や、黄色や赤色のしゃもじのようなパドルを両手に持つことで腕の動作を目立たせ、機長から確実に見えるようにして、合図を送っています。

航空機は世界中の空港で離着陸を繰り返しますから、混乱を招かないように、マーシャラーの出す合図は、ICAO(国際民間航空機関)によって世界共通のものが定められています。例えば直進の合図は、斜め上に挙げた両腕の肘先を内側に曲げたり伸ばしたりします。また、停止はマーシャラーの挙げた両腕を頭上でクロスさせる形、エンジンを切るのは、首に当てた左手を水平に移動させ、首を切る形を作るものになっています。それ以外にも右へ、左へ、速度を落とすなどいろいろな合図の形が決められています。

万が一、停止位置から機体が大きくずれてしまった場合には、マーシャラーがトーイングトラクターという専用車両を使って航空機を牽引することになり、これも仕事の一環です。

基本的にマーシャラーは航空会社の関連会社に所属し、全国各地にある空港や飛行場に勤務します。最近は女性のマーシャラーも増えていますが、航空機が到着すれば、真夜中でも早朝でもマーシャリングが必要になります。もちろん、勤務先によっては極寒の地、灼熱の地、いろいろあるでしょう。真夏や真冬、雨や強風、台風でも、航空機が飛びさえすればどんな天候でも屋外でマーシャリングの作業をこなすことになります。

一刻も早く定位置に駐機して、次のフライトへの準備を整えたい航空機にとって、駐機場までの道のりを安全かつスムーズに導いてくれるマーシャラーは、なくてはならない存在です。