ご希望の空港[飛行機]情報を無料で検索できます。

施設リサーチ/ホームメイト・リサーチTOP

ユキサキナビ
空港[飛行機]
トップページへ戻る
トップページへ戻る

空港情報

予防接種



子どものときの予防接種は知っていても、海外旅行で訪れる国によっては予防接種が必要なことを知っている人はあまりいないのではないでしょうか。そんな人のための基礎情報を紹介します。

予防接種の意味とその特徴

予防接種の意味とその特徴

海外へ行く際の予防接種は、外国で感染症にかからないよう、自分の身を守るためのものです。ただ、渡航先の中にはWHO(世界保健機関)により、入国の条件として予防接種を義務づけられていることもありますから注意が必要です。例えば、黄熱感染のリスクが高い熱帯地域にある国、南アメリカのアマゾン川流域やアフリカなどです。その予防接種を受けたことを証明する書類を「イエローカード」といい、この証明書がないと入国を拒否されることもありますから、事前に大使館や領事館へ確認しておきましょう。

海外旅行時に勧められる予防接種には、黄熱やコレラ、A・B型肝炎や狂犬病、破傷風などがあり、ある一定の国で義務づけられている黄熱以外は、いずれも任意です。これは受けるか受けないか、個人の判断に任されているもので、接種にかかる費用は全額自己負担になります。

世界には、日本では聞いたこともないような病気も存在しています。また、衛生状態が悪いと、破傷風など感染の危険性が高まる病気もあります。

予防接種をすることで感染を防げる病気には限りがありますが、予防接種によって感染するリスクを少しでも減らせるのであれば、その効果や副作用を理解した上で、前向きに検討したいものです。

また、渡航先や渡航期間・渡航形態・渡航時の年齢・健康状態・これまでに受けた予防接種によって、必要な予防接種は違ってきます。複数回の接種が必要な場合も想定して、海外に行くことが決まったら現地の感染症情報を大使館や領事館で入手して、早めに医療機関や検疫所で、予防接種について相談してみましょう。

予防接種に使われるワクチン

予防接種に使われるワクチン

予防接種に使う薬品のことをワクチンといい、ワクチンは3つの種類に分けられます。それぞれ生ワクチン、不活性ワクチン、トキソイドです。

生ワクチンは、活きた病原体の毒性や発病性を弱めたものを使うため、不活性ワクチンに比べて免疫力が強くて持続期間が長いのが特徴ですが、発熱や発疹などの軽い副作用が現れることがあります。黄熱の予防接種には1回の接種である程度予防できる生ワクチンを使います。

不活性ワクチンは、死んで毒性を失った病原体のみを主成分に作られたワクチンで、生ワクチンに比べて効果が弱く、必要な免疫を得るためには数回の接種が必要ですが、副作用はほとんどみられません。A・B型肝炎や狂犬病、コレラなどは不活性ワクチンを使います。

トキソイドは、病原体から取り出した毒素を無毒化したワクチンで、効果を得るためにはやはり複数回の接種が必要になります。トキソイドを使うのは破傷風などです。日本では予防接種を単独で行ないますが、海外では2種類以上のワクチンの同時接種が一般的ですから、もしも渡航まで時間があまりない場合には、医師に相談しましょう。