ご希望の空港[飛行機]情報を無料で検索できます。

施設リサーチ/ホームメイト・リサーチTOP

ユキサキナビ
空港[飛行機]
トップページへ戻る
トップページへ戻る

空港情報

旅行保険のかけ方



事故や病気など、海外で万が一の事に遭ったときのために、旅行保険をかけておくと安心です。そのメリット・デメリットについて把握しておきましょう。

旅行保険のメリットについて

旅行保険のメリットについて

海外旅行では、慣れない環境で体調を崩したり、思わぬ事故に巻き込まれたり、治安が悪ければ盗難に遭う可能性も出てきます。そんな予期できないトラブルに遭ったとき、頼りになるのが海外旅行保険です。

病気やけがをした際の治療・入院費、緊急移送費や救援者の渡航・宿泊費などが保障されます。また、持ち物が盗まれたり破損した場合、誤って誰かにけがをさせてしまった場合の保険、航空機の遅れによって生じた宿泊費や食事代など、必要に応じてさまざまな保険適用項目があります。

保険と聞いただけで「面倒くさい」とか「よくわからない」といった反応を示す人が多いのですが、自分の旅行に必要かどうか、きちんと保険内容を把握してから判断するようにしましょう。

海外旅行保険の種類

海外旅行保険の種類

保険には、保険会社が取り扱うものと、クレジットカードに付帯しているものがあります。まずはクレジットカードに付帯する保険について見てみましょう。一般的に、クレジットカードの海外旅行保険で保障されるのは、旅行中のあらゆるトラブルを網羅してくれるというよりは、ごく狭い限定的なものの場合が多く見受けられます。

例えば、けがや病気の治療費、賠償責任や持ち物の損害については保険の対象外になっていたり、カードによっては、けがによる死亡・後遺症と救援者費用のみがカバーされていて、病気による死亡はカバーされていないなど、クレジットカードによってその補償範囲はもちろん、補償金額もまちまちなのです。

また、旅行代金をカード決済していないと保険の対象にならないなど、いくつか条件付きの場合もあるので事前に確認しておきましょう。

補償金額も、日本の感覚では十分に感じても、アメリカなど医療費が高額な国では、わずかな入院日数でも日本の4~5倍の請求金額になることもあります。渡航先の医療事情についても調べておくと安心です。

それから、とても大事なものを持って海外に行く人なら、盗難保険をぜひかけたいというケースもあるでしょう。この場合は、盗難保険がカバーできないクレジットカードの保険だけでは不十分ということになります。

まずは自分が現在受けられる保険を把握し、その上で不足している部分を保険会社による保険で補う、というのが理想的な海外旅行保険のかけ方です。こういったケースでおすすめなのは、保険会社の保険の中でも割高になるセットプランではなく、必要な項目のみ加入するフリープラン(ばら掛け)という方法です。

海外旅行保険は、必ず入らないといけないわけではありませんが、加入しておけばより安心して旅行ができます。フリープランは、インターネットで各保険会社に申し込めますから、じっくりと検討しましょう。