ご希望の空港[飛行機]情報を無料で検索できます。

施設リサーチ/ホームメイト・リサーチTOP

ユキサキナビ
空港[飛行機]
トップページへ戻る
トップページへ戻る

空港情報

海外旅行の準備



海外に行くことが決まったら真っ先にするのはパスポートやビザの申請ではないでしょうか。それが無事に済んだら、そのほかの準備もチェックしておきましょう。

海外旅行の準備で大切なこと

海外旅行の準備で大切なこと

海外旅行が決まったら、まずしなくてはいけないのが、有効期限内のパスポートやビザを用意することです。最寄りのパスポートセンターや旅券事務所でパスポート申請・受領し、渡航先にビザが必要なら日本国内にある渡航先の大使館や領事館で、ビザを申請・取得しましょう。

また、旅行先によっては入国の条件に予防接種を挙げている国もありますから、各国の大使館や領事館に問い合わせをして、必要であれば予定に組み込みましょう。

次は航空券の手配や航空会社選びです。個人旅行かツアー旅行かで手順が違いますが、ここでは個人旅行の場合に限定して話を進めます。航空券(エアチケット)の手配や航空会社(エアライン)選びは、渡航先が遠ければ遠いほど飛行機の中で長い時間を過ごすことになるため、旅行の楽しさを左右する重要なポイントです。自分が行きたい国に乗り入れている航空会社のフライト予定と、旅のスケジュールを照らし合わせて、航空会社をしぼり込みましょう。

航空券の選び方

航空券の選び方

航空券には利用条件やサービスの違いなどから、いくつか種類があり、それぞれ料金が異なります。まずは座席のクラス分類が3つ。そして国際線航空券の種類で大きく4つに分類されます。

座席のクラス分けは、各航空会社によって別称がついている場合もありますが、最も運賃が高いのはファーストクラスです。機内とは思えないほどゆったりとしたシートで、座席をフルフラットのベッド状にできる場合もあります。担当するキャビンアテンダントによって、心配りの行き届いたサービスを受けられます。機内食やドリンクも最高級のものが提供されます。次に、仕事で利用されることの多いビジネスクラス。こちらはファーストクラスほどではないにしても、リクライニングシートやハイグレードなサービスが受けられます。そしてリーズナブルなエコノミークラス。座席は狭めですが、食事やドリンクのサービスもあり、短距離移動や団体ツアーなどで利用されることが多いクラスです。

航空券の種類は4つあります。まず、正規運賃航空券です。有効期間が1年以内なら何度でも予約の変更ができるノーマルチケットで、最も高い価格設定になります。その次が正規割引運賃航空券で、別名PEXと呼ばれ、各航空会社が制約を設ける代わりに割安にしたチケットです。それから、格安航空券です。期日の変更や払い戻し、ルート変更などができない代わりに、文字通り格安で提供されるチケットで、各航空会社や旅行会社によって料金設定が大きく異なります。そして最後が、最近注目されている、徹底したコスト削減により安値の航空運賃を実現しているLCCの航空券です。

旅行のスケジュールや予算に余裕があるなら、変更可能な航空券を購入した方が後々有効活用できるでしょうし、休みや予算が限定されているなら、格安航空券やLCCを上手に利用しましょう。それぞれのメリット・デメリットを知った上で、自分のスタイルに合った航空券を購入することが大切です。