ご希望の空港[飛行機]情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト空港[飛行機]リサーチ

空港情報

農道空港



ここでは農道空港について紹介します。

農道空港とは

農道空港とは

農道空港とは、農林水産省が1988年から始めた農道離着陸場整備事業によって造られた飛行場の一種です。正式には農道離着陸場と呼ばれます。もともとあった農道を拡幅して小型飛行機の離発着を可能にしたもので、全国に8ヵ所あります。

しかし、バブル期だったとはいえ、税金の無駄遣いとの批判も多く、1997年には社会・経済情勢の変化を理由にして、事業自体が廃止されています。

この事業が掲げたのは、地域の農業振興です。生花や野菜、果物など単価の高い農作物を空輸して販路を広げ、需要を高めることが目的でした。将来的には旅客輸送まで考えられていたともいわれます。

最初の農道空港は1991年、岡山県笠岡市に建設され、運用が始まりました(笠岡地区農道離着陸場)。翌年は大分県に豊肥地区農道離着陸場、同年、北海道に新得町農道離着陸場、1995年に岐阜県に飛騨農道離着陸場、2年後の1997年には北海道に北見市農道離着陸場と美唄市農道離着陸場、余市農道離着陸場の3つが建設され、1998年には8ヵ所目の福島市農道離着陸場が完成しています。

農道空港は、すべて長さ800m×横幅25mの同一規格で建設されました。昔ながらの目視に頼る有視界飛行方式(VFR)のみの対応で、夜間は飛べず、北海道など冬場の雪が深いエリアでは冬期閉鎖を余儀なくされました。

運行と同時に浮上した問題点

運行と同時に浮上した問題点

運用が始まると早々にいろいろな問題点が浮上しました。たとえば、空輸するほど付加価値の高い農産物を作り出すことができなかったことや、高速道路が整備されたことで、大量にしかも安く運べるトラック輸送の存在が脅威となりました。また、夜間飛行が難しかったため市場の開場に合わせた出荷ができませんでした。さらに大都市方面から戻る復路便の貨物もほとんどありませんでした。

結果的にすべての農道空港が赤字となり、地元自治体の補助金などでようやく運営を続けています。

今後の活路につながる切り札とは

今後の活路につながる切り札とは

農産物輸送については、需要とコストの折り合いが未だ見出せないままとはいえ、2001年には利用目的の規制緩和がなされて、農産物輸送以外での利用が可能になりました。そして、農道空港の中には、管理運営が地方自治体からNPOや業者に委託され、運用されるものが出てきました。

それによって、スカイスポーツのアクティビティ会場、ヘリコプターやセスナ機による飛行体験会場をはじめ、救命救急医療用のヘリコプターや消防防災ヘリの離着陸場として利用される機会も生まれました。また、お祭り会場として利用されるなど、地域に溶け込んだ飛行場として再出発しています。

最近では北海道の新得町農道離着陸場において開催された、長い滑走路を利用した大型車運転体験ツアーが人気を集めて注目されました。このように、農道空港は、アイデア次第で今後の活路を見出せる可能性を秘めているといえるでしょう。