ご希望の空港[飛行機]情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト空港[飛行機]リサーチ

空港情報

記号化される世界の空港・航空会社



私たちの普段の生活の中で、省略された言葉が意外に身近なところにあることに気付いていますか。実は航空業界にも同じように省略化され、記号化された名称がたくさんあります。

空港・航空会社での記号化とは

空港・航空会社での記号化とは

私たちの身近にある省略された記号のような名称といえば、日本放送協会のNHK、現金自動預け払い機のATMなどがあります。省略して記号化することで、正式名称を見たり聞いたりするよりもダイレクトに認識できるというメリットがあります。

このメリットを活かして、航空業界でもたくさんの略語や符号(コード)が使われており、業務の効率化に役立っています。そのひとつが、国際線を運行する大多数の航空会社が加盟する国際団であるIATA(国際航空運送協会)によって、世界中に1万以上ある空港に付けられた3レターコード(IATAコード)です。これはもちろん世界共通で、主に旅客系で使われるコードです。

例を挙げると、成田国際空港はNRT、羽田国際空港はHNA、韓国の仁川国際空港はICN、米国のジョン・F・ケネディ国際空港はJFKなどです。

また、空港以外に、航空会社コードも2レターで表されます。日本の航空会社でいうと日本航空のJLや全日空のJHをはじめ、シンガポール航空のSQ、アメリカン航空のAAなどがあり、会社の略称に由来したアルファベットがつけられています。

似た名前の場合には基本的には早いもの勝ちで決められています。国内では航空会社を表す3コード、例えばJALやANAなどが使われていますが、国際的には2コードの方が一般的です。さらに、都市コードを表す3コードもあって、主なものを挙げると、東京はTYO、ニューヨークは NYC、ロンドンはLONとなります。

4レターコードもある

4レターコードもある

2~3レターコード以外に、国連の専門機関である、国際民間航空機関(ICAO)によって定められた4レターコードもあります。空港を表すコードで、羅列には規則性があります。このコードによって空港をエリアごとなどに分類していて、航空管制系で使用されています。

基本的には、1文字目で航空固定業務のルーティングエリアを示し、2文字目で国や領域、3文字目で接続する航空固定業務中継局を示すことになっていますが、例外もしばしば存在します。

例えば日本の空港はRJやROで始まるコードが使われていて、羽田空港はRJTT、成田空港はRJAAと表記されます。

このように、航空チケットや荷物のタグでよく目にするコードは、航空関連の業務の効率化を図るために広く浸透していて、空港名、航空会社名、世界の各都市名など、たくさんのコードが使われています。そのため、航空関連の職業に就く場合は、まずこれを丸暗記することから第一歩がスタートするのです。